SERVICE
インテリアプランニング
プランニングまでの流れ
プランニング例
プランニング実例ムービー
ギフト
アクタスギフトカタログのご利用方法
アフターサービス
木 (無垢材)
木(天然木化粧合板/繊維板)
レザー
ファブリック
ラグ
羽毛クッション
ステンレス
ガラス
家具の修理・張り替えを承ります。
上手な家具の選び方
ソファ
ラグ
キッズ
照明

お部屋をおしゃれに見せるライティングをご紹介します。

「レストランやホテルみたいな素敵な照明にしたいんだけど、なんだか難しそう・・・」
いえいえ、ライティングに難しいルールはありません。
ちょっとしたコツを押さえれば、あとは自由に光を楽しむ感覚でOK。
ここでは、そんなライティングのポイントをご紹介。お部屋をおしゃれに演出する照明の基礎知識をお教えします。

印刷用PDFをダウンロード
照明のプロに聞きました。
フレイムス 和田 秀樹 社長
明るすぎる備え付けの天井照明だけが照明ではありません。
影と対話するようなライティングを楽しんでほしいですね。
タルジェッティ ジャパン 荒谷 真司 氏
まぶしさのない、やわらかな光が理想。照明はデザインだけでなく、どの向きに光が届くのかも大切に選んでください。

種類のこと おしゃれな照明の基本は「光の組合わせ」にあるのです。

照明は「ひと部屋にひとつ」と思っていませんか? おしゃれなライティングの基本は「一室多灯」にあるのです。さて、あなたは今お部屋でどんな照明をお使いですか? 「天井に大きめの照明をひとつ」という方がほとんどではないでしょうか。確かに日本の住宅では、「照明はひと部屋にひとつ」というのが一般的。けれどショップやホテルなどのライティングでは、もっとたくさんの照明が使われている気がしませんか? そう、おしゃれなライティングの基本は、複数の照明を使った「光の組み合わせ」にあるのです。下のイラストが示す通り、実は照明にはたくさんの種類があります。大きく分けると「全般照明」と「部分照明」のふたつ。そしてこのふたつの照明を組み合わせることが、上手なライティングの基本中の基本なのです。

全般照明

空間全体を明るくするための照明。シーリングライトやペンダント、シャンデリア、ダウンライトなど。調光器で明るさをコントロールするのがおすすめ。やや暗めに設定することで、部分照明をより効果的に使用できる。

※ 蛍光灯器具の場合、調光器による調光はできません。

部分照明

全般照明を補う照明で、テーブルスタンドやフロアスタンド、フットライト、ブラケット、スポットライトなど。特定のものに視線を集めたり、空間に奥行きを持たせる働きもある。

配置のこと 均質に明るくしすぎない。あくまで「影」と「光」の対比を楽しむ。

全般照明と部分照明を組み合わせたライティングがなぜおしゃれに見えるのかというと、それは空間に「明るいところ」と「暗いところ」が生まれるため。空間の暗いところ、つまり「影」の部分がお部屋に奥行きを持たせ、立体的な空間を演出するからです。だからこそお部屋全体を照らす全般照明は、影を残すよう少し暗めにするのがコツ。そしてその部屋でどう過ごすのかを考えながら、影になった壁や天井、コーナーなどの数カ所に明かりを置いていきます。まず真っ暗な部屋を想像し、ひとつずつ明かりを足していくと考えやすいかもしれません。お部屋の隅々まで均質に照らすのではなく、必要に応じて明かりを置き、光と影のリズミカルなグラデーションを楽しむこと。それがおしゃれなライティングの最大のポイントなのです。

デザインのこと 昼の顔だけでは不十分。夜の顔もチェックしてください。

実際に照明を選ぶとき、いちばん気になるのがやはりデザイン。インテリアとしての昼の顔はもちろん、照明器具としての夜の顔も要チェックです。というのも照明はシェードの形や向き、スリットの入り具合といったデザインによって、照らすことのできる光の範囲が変わるからです。つまり、デザインによって使用場所の向き不向きが決まるというわけ。照明を選ぶときはまずどこで使うのかを考え、光の範囲をしっかり確認することが大切です。

照明イメージ1
照明の上方から下方にかけて、まんべんなく光が広がるタイプ。高めに配置して、ダイニングやリビングなど、広範囲をやわらかく照らしたいときに。
照明イメージ2
照明の上方から下方にかけて、まんべんなく光が広がるタイプ。高めに配置して、ダイニングやリビングなど、広範囲をやわらかく照らしたいときに。
照明イメージ3
下向きの光を中心に、柔らかな光が広がるタイプ。ダイニングテーブルの上などを明るく照らしたいときに。

ランプのこと 温かみのある色、クールな色。ランプの色でお部屋の印象が変ります。

黄色味のある暖色系は白熱ランプ、青白い寒色系の色なら蛍光ランプ。照明のデザインだけでなく、ランプの種類によってもお部屋の印象は変わるものです。光の色は、私たちの心に直接働きかけるもの。たとえば白熱ランプのオレンジ色は心を落ち着かせ、蛍光ランプのホワイト色は活動的な気持ちにさせると言われています。リラックスしたい寝室には白熱ランプ、多目的に使われるリビングでは白熱ランプと蛍光ランプを備えて切り替えてみる…。色の心理効果も上手に活用してみてください。
ご注意:照明器具の種類によって、ランプが変更できない機種があります。購入時にご確認ください。

白熱ランプ

黄色味のある暖色系の光。穏やかな安らぎイメージ。くつろぎ空間向き。蛍光ランプよりも安価。白熱ランプには影を強く出すクリア電球と、影を弱めるフロスト(ホワイト)ランプがあります。

蛍光ランプ

青白い寒色系のタイプは、活動的でいきいきしたイメージ。視作業の場所向き。蛍光ランプには白っぽい色の白色や昼白色、白熱ランプに近い色の電球色などの種類があります。白熱ランプに比べ長寿命。

照明のこと

キッズルームづくりのギモンのアレコレにお答えします。
アクタスのショップスタッフに寄せられるご質問のなかから、特に多かったお問い合わせをご紹介。みなさんが思うよりもずっと、ライティングは手軽に楽しめるものなのです。
ペンダントの位置は、テーブルから何センチくらい離すのがよいですか?
テーブル面から60~80センチ上が目安ですが、厳密に守る必要はありません。テーブル全体が明るくなり、座ったときにまぶしくない位置であればOKです。
賃貸なので工事はできません。ライティングは変えられますか?
工事不要のフロアスタンドやテーブルスタンドがおすすめです。全般照明を消 すか、明るさを少し落として使えば、お部屋のイメージもずいぶん変わります。
ニュース
ニュース一覧
ニュースリリース
MY ACTUS
商品の情報
カテゴリー
ブランド
ショップ情報
ショップ一覧
ショップブログ
サービス
インテリア
プランニング
ギフト
アフターサービス
上手な家具の選び方
カタログ
パンフレット無料請求
123人の家 vol.1.5 + スタイルブック vol.9
123人の家vol.1
メンバーズ
ポイントカード
ブライダル
プロフェッショナル
モバイル
カンパニー
ミッション
社長メッセージ
会社概要
事業概要
沿革
CSR
採用情報
PAGE TOP
facebook instagram
ACTUS COPYRIGHT © 2011 ACTUS CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.