1968年の創業以来、木の美しさを存分に引き出し、アーティスティックなフォルムのコレクションを数多く発表しているイタリア・ポラダ社。その中でも“ガルボ・チェア”は1930年代に一世を風靡したハリウッドの伝説的な女優“グレタ・ガルボ”のトレードマークであった巻き毛をイメージしてデザインされた美しい曲線が特徴の一脚です。長い時を経て、今なお愛され続けているという点でも、彼女たちは共通しています。

サイズ・価格・素材はこちら→


アーム部分は、ハリウッド映画女優“グレタ・ガルボ”のトレードマークであった巻き毛をイメージしてデザインされました。


背もたれトップの丸まっている取手状のデザインはクラシカルに、その他はモダンな印象に仕上げています。


張り地はファブリック15種269色、レザー2種44色と豊富なコレクションから選べます。


ガルボチェアのデザインは、実は大司教が座っている椅子からもインスピレーションを受けているそうです。

●アクタススタッフには“旅するチェア”として有名なガルボチェア。1996年に創刊したアクタスが手がけるライフスタイル本「ACTUS STYLE BOOK」の定番コーナーでは、編集長の相棒として日本中を巡り、四季折々の素晴らしい景観を記録した写真に度々登場しています。

サイズ・価格・素材はこちら→

top