単なるインテリアショップを超えて、
真のライフスタイルカンパニーへと進化を図るアクタス。
そのCEO休山昭が、デザイン、ファッション、食、住まい、スポーツ、アートなど、
クリエイティブに世の中を前進させている暮らしの達人を訪ね、
「アクタスを超える、アクタス」の輪郭を探っていくダイアログプロジェクトの第一弾。
理想のライフスタイルを探求する旅が始まります。

『どういう風に気持ちよく生きていきますか?』っていうことに、アクタスがどう関係できるのか、どういう風に変わっていくのかが楽しみです。

佐藤夏生(さとう・なつお)
クリエイティブディレクター。
株式会社EVERY DAY IS THE DAY共同代表。

家具やインテリアを提供するというのは、その人の「暮らしの時間」を販売していることだと思うんです。

松浦弥太郎(まつうら・やたろう)
エッセイスト。「くらしのきほん」主宰。
COW BOOKS代表。

楽しく、おしゃれなライフスタイルをしながらも、その価値とか意味とかを感じながら生活できたら、もっと豊かだと思う。

齊藤太一(さいとう・たいち)
造園家 グリーンディレクター
DAISHIZEN / SOLSO代表

クリックひとつでモノが買える時代だからこそ、「この人から、これを買いたい」と思えることが、すごく大切なことだと思うんです。

松島大介(まつしま・だいすけ)
PADDLERS COFFEE店主
BULLPEN店主

お家に帰っても何か自分の気に入って手に取ったグラスだったり、器で食事を楽しむとか、ほんとにちょっとしたことでも日常が少し豊かになったらいいなと。

渡辺有子(わたなべ・ゆうこ)
料理家
FOOD FOR THOUGHTディレクター

top