LandNorm

Friluftsliv JournalBe yourself with nature

自然がくれるポジティブパワー

私が思うフリルフスリフ(friluftsliv)は、普段屋内ですると思われがちなことを、屋外で体験することです。例えば、料理する、食べる、寝る、運動するなどを、自然の中でやってみる。それは、庭にでたり街を散歩したりする以上のアクティビティであり、自然や自然の恵みを通じて何かをすることによって、日常的な習慣さえも違ったものになると思います。

  • サンドイッチひとつのシンプルな食事でも、森の中だったり、浜辺だったり、どこか自然の中で食べたら、思い出に残るひとつの体験になったりするのではないでしょうか?テントやキャンキングカーで寝るのも楽しいですよね。寝床からすぐ手の届くところで、自然に囲まれているなんて新鮮です。毎日当然のようにしていることも、自然の中だと、価値のある特別なものに感じられる気がします。何より自然は、私を幸せな気持ちにしてくれるのです。

もうひとつ、私にとって大切なフリルフスリフといえば、やはりアウトドアスポーツです。森、山、海・・・とにかく自然の中で体を動かすことが大好きです。シーカヤックやマウンテンバイク、そしてジョギングやトレーニングも、街の中や屋内のフィットネスクラブより、森やビーチでするほうを好みます。

一番の趣味はスキーで、アルペンスキーとクロスカントリースキーの両方やっていますが、特にノルウェーでのクロスカントリースキーは最高です。美しい自然の中で体を動かし、時間をかけて場所から場所へ移動していく。山の頂上で、お弁当を広げての休憩。新鮮な空気をいっぱいに吸い込んだら、生きているという実感と、エネルギーが湧いてきます。自然とアクティビティが一体のフリルフスリフは、私にとって、まさに生きる喜びそのものです。
(訳:via&plus)

Josefine(デンマーク在住/20代女性/学生)
pagetop