LandNorm

Friluftsliv JournalBe yourself with nature

パンケーキアイランド

私が住むローランド島は、通称「パンケーキ島」と呼ばれている。山どころか丘さえも存在せず、パンケーキのように真っ平な地形からそういう呼び名がついた。5000年以上も前の石器時代に創られた古墳が、この島で唯一丘らしき形状とされているくらいだ。しかしながら、平らな地形に加えて四方を海に囲まれていることによって、魔法のような不思議な光が生まれ、島全体を照らし出す。これこそ、パンケーキ島ならではの自然の恵みといえよう。凍りつくように寒い冬の朝、太陽の光を受けて宝石のごとく輝く野花のクリスタルは、息をのむほど美しい。朝時間のささやかな楽しみ。身近な自然とのふれあいから、清々しい一日の始まりだ。
(訳:via&plus)

Henrik(デンマーク在住/男性/ミュージシャン、ワイン醸造家)
pagetop