LandNorm

Friluftsliv JournalBe yourself with nature

サマーハウスと週末の楽しみ方

私はデンマークの首都、コペンハーゲンに住んでいますが、今から6年前、郊外にサマーハウスを購入しました。近くには美しい森や海岸があり、街から車で向かう高速道路を降りた瞬間から、心が安らいでいくような、気持ちの良い光と開放感に溢れるところです。通常は2週間に一度の週末を過ごしていますが、昨年のコロナ禍では、街に戻らず長期間滞在もしていました。

第二の我が家である、この”ミニパラダイス”の周りにも、身近な自然とのふれあいがあります。家の窓越しには、鳥はもちろん、ときには鹿やキツネが庭を横切っていく姿も見られます。購入後しばらくして、すべての部屋から出入りできる木製テラスを作りました。そのおかげで、家の中と外につながり感が生まれ、何かと屋外で過ごす時間が増えました。

サマーハウスでは、家の修理や片付け、日曜大工、庭の手入れなど、短い週末の時間はあっというまに過ぎてしまいます。とはいえ、犬を連れて森を散歩したり、ウォーキングにサイクリングと、屋外でのアクティビティも欠かしません。また、森でのキノコ狩りや海水浴など、ここでは季節ごとの楽しみもたくさんあります。さらに、昨年から地元の寒中水泳クラブに入会し、新たな趣味が増えました。海と夕陽を眺めながらサウナに座り、これ以上耐えられないところまで熱さを我慢したところで、氷のように冷たく暗い海に飛び込みます。そして急いでまた熱いサウナに戻る・・・心身ともに浄化されるひとときです。
(訳:via&plus)

Sisi(デンマーク在住/50代女性/ランドスケープアーキテクト)
pagetop