[an error occurred while processing this directive]

「いい家具を作る秘訣は、人間を見つめること。
ヨーロッパの家具を使ってみると、人間を大切にする心が
形になっていることに気づきます。」
これは、今から50年前、日本中が大量消費生活を謳歌し、
まさにモノの豊かさによって幸福感を手に入れ始めていたそんな時代に、
豊かな暮らしとは消費を繰り返すことではなく、
作り手の顔が見える製品と、できる限り長い時間を
過ごすことではないかと考えていた、
アクタスの創業メンバーが残したメッセージです。

日本のモダンインテリアは、ここから始まりました。

アクタスの第一号店が東京・青山にオープンしたのは1969年の7月26日です。
あれからちょうど50年目の2019年7月27日(土)と7月28日(日)の2日間だけ、
外苑前のアクタス青山店の商品をすべて取り除いて、アニバーサリーイベント、
「大アクタス博1969-2019-Beyond50」を開催致します。

CONTENTS

ACTUS ARCHIVE

小さな北欧輸入家具店から始まったアクタスのエピソードを、
50年分の写真、グラフィック、商品、 グッズ、映像を使ってご紹介致します。

EPOCH PRODUCTS

アクタスが取り扱ってきた多くの製品の中から、成長のきっかけや
気付きを与えてくれた家具のいくつかを、エピソードと併せてご覧いただけます。

ACTUS STYLE BOOK 1996-2019

1996年のvol.1発刊から2017年のvol.9までのバックナンバーのすべてと、 読者から寄せられたアンケートハガキをご紹介します。

BEYOND ACTUS

単なるインテリアショップを超えて、
真のライフスタイルカンパニーへと進化を図るアクタス。
そのCEO休山昭が、ファッション、食、住まい、スポーツ、アートなど、
クリエイティブに世の中を前進させている暮らしの達人を訪ね、
「アクタスを超える、アクタス」の輪郭を探っていく
ダイアログプロジェクト「BEYOND ACTUS」の第一弾。
佐藤夏生氏、松浦弥太郎氏、齊藤太一氏、松島大介氏と休山の
対談の様子を会場のモニターでご覧いただけます。
また、「現役のスタッフ700人が好き勝手に考えたアクタスの未来予想図」では、
100年目に向かうアクタスの姿をお伝え致します。

佐藤夏生氏
クリエイティブディレクター。
株式会社EVERY DAY IS THE DAY共同代表
松浦弥太郎氏
エッセイスト。「くらしのきほん」主宰。
COW BOOKS代表
齊藤太一氏
造園家。グリーンディレクター。
SOLSO代表
松島大介氏
PADDLERS COFFEE店主。
BULLPEN店主

休山 昭
株式会社アクタス CEO

MUSEUM SHOP

大アクタス博のミュージアムショップでは、
アクタス50周年限定のオリジナルミュージアムグッズをご用意いたします。

大アクタス博開催日と
店休日のお知らせ

アクタス・青山店では、「大アクタス博」の実施に伴い、会期終了後にリフレッシュオープンいたします。つきましては、店内改装のため7月6日より店内一掃の売り尽くしセールを開催いたします。
各日程の営業時間は、下記の表をご覧ください。

店内一掃売り尽くしセール 7月6日(土)—21日(日) 11:00—20:00
店休日 7月22日(月)—26日(金)
大アクタス博 7月27日(土)—28日(日) 11:00—18:00
店休日 7月29日(月)—31日(水)
リフッシュオープン 8月1日(木) 11:00—

top