会社概要

Poliform(ポリフォーム)社は現在、世界のインテリアシーンを牽引しているイタリアのブランドです。大胆な事業展開により大きな成功を収めてきたポリフォームは、「最高品質の追求」というビジョンに基づき、現代のライフスタイルのニーズに応えるべく、日々そのラインナップのブラッシュアップを繰りかえしています。
ポリフォームのコレクションは、バリエーション豊かなデザインから選べるだけでなく、ブックケース、システムユニット、ワードローブ、ベッド、キッチン、ソファ、アームチェアなど住宅をトータルでカバーするシステム収納や家具を取り揃えています。
ポリフォームは、コレクション全体のデザインが統一された「ポリフォーム・ハウス」というアイデンティティが掲げています。これは、独自の規格化された構造により幅広い選択肢をもたらすことで、どのような条件に適応するというプロジェクトとして進められています。
そのクリエイティビティは、大規模な住宅や商業プロジェクトでも発揮されています。ロンドンのウエスト・エンド・キーやカフェ・ロイヤル 、アムステルダムのコンサバトリウム・ホテル 、モンテカルロのツアー・オデオン 、ニューヨークのAOLタイム・ワーナー・センター、リトル・ロックのクリントン図書館大統領執務室、シカゴのパルモリブ・ビル など、世界クラスのプロジェクトに深く関与してきました。


家族経営

グローバルにビジネスを展開しているポリフォームですが、そのルーツはあくまでも家族経営で、現在もその信念に基づいて事業を拡大させています。その歴史の始まりは1942年に創業された小さな家具職人の店。そこから発展し、1970年にポリフォーム社として設立されました。その後、先端技術への積極的な投資により、製品を機能的で規格化された構造として開発し、現在の地位を築き上げたのです。
そうした成長の背景には、現在もトップを務めているアルベルト・スピネッリ氏、アルド・スピネッリ氏、ジョバンニ・アンザニ氏の3人がいます。卓越した専門知識とノウハウを、企業家精神ならではのチャレンジングなアプローチと融合させ、社会的・経済的なニーズに応えてきました。
3人のパートナーは、社内でお互いを補完しあいながら各々の役割を担っています。三代目となる現在の代表者たちは、会社の骨格となって、それぞれのナレッジをポリフォームへもたらしています。そうすることで、これからも家族経営の利点を保ちながら、従業員やデザイナーなど、ブランドとつながりのある人々の才能を引き出しています。


沿革

1942年に創業した小さな家具職人の店から発展し、1970年にポリフォーム社として設立されました。創業当時から、オープンな社風として活動を続けているポリフォームですが、その目的は、変化し続ける世界市場のニーズを察知し、自社のリソースを活用して時代の要望に応えていくことです。長年にわたり様々な提案をインテリア市場に行ってきたポリフォームは、変化し続ける暮らしのトレンドを察知するために、世界中にネットワークを広げています。そうして今日では、「華やかなライフスタイル」と「優れた品質」の代名詞として知られるまでに成長しました。
ポリフォーム社が取り揃えるコレクションは、ブックケース、システムユニット、ワードローブ、ベッドなど家全体を機能的に構築しながら、美的な要素を失うことは決してありません。1996年には、「Varenna(ヴァレンナ)」ブランドを買収。ポリフォームのコレクションにキッチンが加わりました。2006年にソファとアームチェアのコレクションを発表し、今日では家庭内全般にわたるラインナップを誇ります。


地域との強いつながり

創業の地であり、現在もオフィスやファクトリーを構えているブリアンツァ地方。独自の価値と伝統を守り続けてきたこの地域とポリフォームは、強い絆でつながっています。
ポリフォームのオフィスや製造拠点は、互いに数キロメートル圏内に設けられ、豊かな自然が継承されているブリアンツァ地域の発展に深く関与し続けています。

poliform


ラボの哲学

新たなコンセプトで設けられた「ポリフォーム・ラボ」で、ポリフォームのアイデアが日夜生み出されています。家具そのものはひとつひとつの原料から作り出されますが、この施設は、世界的なインテリアトレンドの推移を注視するための窓の役割を担い、常にインスピレーションを得るという役割を担っています。ここではマーケティングやVMD、コントラクトの設計などといったコミュニケーションを担う部門がオフィスを構え、さらにショールーム機能やフォトスタジオ、さらには展示会を行う機能までを兼ね備え、リアルタイムでトレンドがアップデートされる場として稼動しています。


ミーティング

テクノロジーとそれを試みる際に生じるあらゆるかたちの「エモーション」を追究し、また自社のアイデンティティを共有するミーティングの場もまた、ポリフォームの貴重な財産です。さまざまな知識を持つ専門家との対話により、日々新しいアイデアがポリフォーム・ラボから生まれているのです。


作業チーム

コミュニケーションの中枢を担うワーク・チーム。インテリアデザイナー、スタイリスト、マーケティングマネージャー、フォトグラファー、ウェブデザイナーなど、異なる専門分野のプロがこの場に集い、それぞれの専門知識が融合することで、ポリフォームのブランドストーリーは形成されています。


学び

ポリフォーム・ラボは、ポリフォームの世界とつながる窓の役割を担っています。この窓が、従業員、お客様、建築家、小売業者に、ブランドエッセンスを理解してもらうための明確なビジョンを示します。ここでは日々、セールス研修やブランド啓蒙のためのカリキュラムが行われ、ポリフォームのアイデンティティを外部の人々へ伝えるという極めて重要な機能を備えているのです。


ショールーム

総面積13,000平米を超える広大な敷地のポリフォーム・ラボは、カルロ・コロンボ によって設計されました。ポリフォームとヴァレンナのショールームと、マーケティング、写真撮影、ビジュアル・マーチャンダイジング、ウェブ・グラフィック、展示スペースデザインなど、あらゆるコミュニケーション機能をこの施設に集約しています。さらに、流通とコントラクト部門が新たに加わり、世界的な流通網を確立しています。


撮影

ポリフォーム・ラボは、ブランドイメージをかたちにするための専用撮影スタジオを併設しています。そこでポリフォームとヴァレンナのデザインフィロソフィーが具現化されているのです。


ポリフォーム・カフェ

アイデアは、カフェでも生まれ、その場で即座に共有されます。ポリフォーム・カフェは、ラボの哲学に味覚という新たな側面を加える、特別なレストラン/カフェテリアです。
ショウルームをご覧になった後の締めくくりに、多忙な中のちょっとしたひとときに、そして、大切なミーティングなどに、最適な場所です。メニューは日替わりで、常にできたての食事を提供します。料理にはすべて地元で生産された食材を使い、スローフードを組み合わせたレシピで調理されています。

poliform

ポリフォーム|ナイトシステム工場
ワードローブとナイトコレクションは、アロージオの本社で生産されています。

ポリフォーム|デイ・コンプレメント工場
デイコレクションは、ミロヴァロの工場で生産されます。

ポリフォーム|コントラクト部門
オーダーメイドのプロジェクトを担当する部門、ポリフォーム・コントラクト部の本社はインヴェリーゴにあります。

ポリフォーム・ラボ
コミュニケーションに特化したクリエイティブ・ラボ。マーケティングから写真撮影、ビジュアル・マーチャンダイジングからウェブ・グラフィックまで、異なる分野で活躍する専門スタッフが集い、プロジェクトを推進する場です。

ポリフォーム本社|デイシステム工場
歴史のある会社の本社はインヴェリーゴにあり、事務局とデイシステムの生産に特化しています。

ポリフォーム|アップホルスタリー工場
ソファやアームチェアをはじめとする張り地製品は、インヴェリーゴで生産されています。

ヴァレンナ本社|キッチン工場
ヴァレンナ・キッチン部門の本部、オフィス、および生産の一部はルラーゴ・デルバにあります。

poliform


デザイン

ポリフォームにとってデザインとは、ものづくりの精神における本質といっても過言ではありません。顧客のニーズを満たすため常に最新のスタイル、そして技術を研究し、最適な品質を保証する。そのゴールのための注力を怠ることはありません。
人々の暮らしに対するニーズを理解し、ポリフォームのコレクションの中から最適な答えにたどり着くことを目標にしています。
デザインから生み出されるソリューションを常に研究し、目に見えない「標準ライン」を保つための実験を繰りかえす。そうしてイノベーションを追求しています。
規格化を図るため、技術力と製品そのものに関する絶え間ない研究を繰りかえすと同時に、ここでは常に商品の信頼性を高めるための試みが行われています。そうした取り組みの結果として、製造ラインは進化し、新しいソリューションが生まれるのです。


素材

ポリフォームが採用する高品質な素材は、卓越したデザインを決定付ける非常に重要なエレメントです。最高品質レザーに用いられるオイルや、豊富なカラーバリエーションを取り揃えるラッカー、そしてクッション生地などはその一例でしょう。
また、高品質な素材を追求することは、同時に製品そのものへの信頼性と耐久性も高めます。そのため、ポリフォームは重金属を含まない認証済みの塗料のみを使用しています。ガラスはすべて、通常のガラスの5倍の強度をもつ強化安全ガラス製を採用し、ヴァレンナで使われるキッチンカウンターは、摩擦やはがれ、傷、熱、水分に対して高い強度を持つ高圧積層を使用するなど、素材選びには細心の注意が払われています。


技術

ポリフォームのオペレーション・ユニットは、製品の最高品質を保証することを目的に組織され、木工職人による丁寧な仕事への敬意と、製品ラインの技術的進化を融合させた製造手法を採用しています。
また周辺の設備と有機的に協業によりすることで、最大限の信頼性と合理的な配送を提供するネットワークを実現しています。


信頼性

ポリフォームは、家具がその機能性を保ちながらも、最大限の品質を保証するために常に工夫を重ねています。
特に機械が関連する箇所は、精密な検査を行っています。たとえば引き出しのレール部分は10万回の開け閉め検査を実施し、食器棚の扉に使われる部品には20万回の開閉、つまり1日に8回の開閉を毎日続けて68年間分にも及ぶ検査を行っています。
特にブックシェルフとワードローブの耐久性は、高水準に規格化された構造と、高品質な素材との融合によってもたらされるのです。

poliform


環境保護

社会的責任はポリフォームの企業哲学の根底にあるものです。私たちは、会社が生まれた地域への敬意だけでなく、私たちが生活を送る社会に関与するための活動に身を捧げています。
こうした取り組みによって、地元のコミュニティの関係者たちと対話を行い、彼らのニーズを理解することで様々な取り組みに貢献しています。
ポリフォームは、天然素材に対する敬意と技術革新とを融合し、サスティナブルなデザインを生み出し続けています。

-製品の一部にEPF-S E0.5クラスのパーティクルボードを使用しています。これは、最小限のホルムアルデヒド含有量および排出量の素材です。

-重金属と、DPR 203/88(産業大気放出および削減に関する国の法令)で定義されるクラス1およびクラス2の溶媒を一切含まない塗料を採用しています。

-保護されている熱帯雨林で採れた木材は使用しません。

-梱包材には、解体、再生、再利用を促すために、接着剤を使用していません。

-年間およそ200万枚の紙を節約できる、光学データ記憶システムを採用しています。省資源と同時に、多くの人々が同時に文書を確認できるシステムを採用しています。

ポリフォームは、製造廃棄物の再利用を行うために、関係当局の認可を受けています。その結果、流通させる廃棄物の量を削減すると同時に、燃料消費の削減も可能になりました。

私たちは、ポリフォームの社会的責任を自覚し、サスティナビリティを拡大させるために、FSC(森林管理協議会)の認証を受けたサプライヤーから環境への負荷が低い木材を使うことで、環境を守る方針を採用しています。
森林管理協会(FSC)は、木材およびその副産物の製造に関連する幅広い業種が参加する国際協会で、世界中の森林管理の向上を促進しています。ポリフォームが発行しているパンフレットは、認証済みの森林から作られた紙を使用しています。


組織および事業

地元の数多くの組織や企業と、長年にわたってパートナーシップを築き上げてきました。各々の組織は独自のアプローチや目標を掲げながらも、共通した目的と「善意」により、ひとつで結ばれています。
www.amicidicomo.it

地域コミュニティの保護も、ポリフォームの社会的貢献の重要な役割です。コモ地方の復興と、地域の文化的商品の魅力を高めるプロジェクトに参加し、支援しています。
www.amiciditanguieta.org

ポリフォームは、企業家とその家族により組織される非営利団体「Amici di Tanguiéta(タンギエタの友)」を支援しています。「タンギエタの友」は、アフリカで最も貧しい国、タンギエタ(ベナン)とアファニャン(トーゴ)の病院と連携し、支援するために活動する団体です。
www.sanpatrignano.org

ポリフォームのミッションには、「正しい社会の実現に向けた活動への支援」という根底があります。毎年行っているサン・パトリニャーノへの寄付もその一例です。ポリフォームは、ドラッグと距離を置かなければならない若者の生活を支援する、こうした取り組みにも貢献したいと願います。
www.comocuore.org

ポリフォームのもうひとつのミッションは、1985年に設立されたONLUS(イタリアの非営利団体)、Comocuore(コモキュオーレ )の支援です。この団体は、コモとその周辺地域で「冠状動脈疾患」によって命を失う人々を減らすための情報提供と予防を促進しています。

ポリフォームは、以下のような美術作品を公開する卓越したプログラムの支援も行っています。
La dinastia Brueghel(コモ・オルモ邸、2012年3月23日~7月)
Boldini e la belle Epoque(コモ・オルモ邸、2011年3月25日~7月24日)


社会貢献の文化

ポリフォームの企業哲学のひとつに、人々が暮らすコミュニティへの配慮があります。私たちは、地域とコミュニティのニーズを見極め、生活の質を向上させることを目指した一連の活動を通じ、そうしたニーズに応えています。
これらの枠組みの中で、ポリフォーム・グループが長年にわたって築き上げてきた、地元コミュニティとのパートナーシップや、若者の支援、自然および芸術遺産の保護のための活動に取り組んでいます。
私たちは、学校教育と労働社会との相乗的なつながりを強めるため、次世代の若者が創造性を発揮していくことを目標としています。地域の学生たちが専門性を高めることができるよう、ポリフォームへインターンシップで参加できる機会を設けています。
さらに、ポリフォームは出版やコンテストを通じて文化的な発展を遂げるため、研究プログラムへの支援やスポーツ大会などへ継続的に支援を行っています。

top