ソファの種類|ACTUS(アクタス)

ソファの種類

一口にソファといっても、実は色々な種類があります。
名前は違うけれど同じ形を指すことも。
ソファの種類と特徴を知って、理想のソファ探しに役立ててみてくださいね。


ストレートソファ

最も一般的な、まっすぐタイプのソファのことをストレートソファと言います。
背にもたれて座るほか、肘掛けが低く横幅が低ければ寝そべることも出来ます。

STRAIGHT SOFA / STOCKHOLM SOFA
ストックホルムソファ

メリット
家具のレイアウトがしやすい
デメリット
足を伸ばすことが出来ない

ストレートソファを見る >

カウチソファ/シェーズロング

ストレートのソファに加えて足を伸ばす為の座面がついたソファ。
足を伸ばすことでより深く背にもたれることが出来ます。
スタイリッシュな空間に仕上がるソファの形状です。

COUCH SOFA / STREAMLINE COUCH SOFA
ストリームラインカウチソファ

メリット
ゆったりとくつろぎやすい
デメリット
カウチの向きが決まっているため、模様替えがしにくい

カウチソファを見る >


システムソファ/コーナーソファ/L字ソファ

複数個のバリエーション豊かなソファパーツを組み合わせて、
空間に合わせてお好きな形に組み合わせることが出来るソファです。
L字型に配置することが多く、L字ソファやコーナーソファとも呼ばれます。
ソファの種類によっては写真のように背もたれのないソファパーツや、
リビングテーブルのパーツなどを組み込むことも出来ます。

SYSTEM SOFA.CORNER SOFA.L-SHAPED SOFA / RIG SOFA
リグソファ

メリット
様々な組み合わせの中から、暮らしに合わせた
レイアウトが可能大人数で座ることが出来る
デメリット
サイズが大きいものが多く、スペースが必要

システムソファを見る >

ローソファ/フロアソファ

座面の低いタイプのソファです。高さが低いため圧迫感が出にくく、
また和の空間などにもあわせやすい形です。

LOW SOFA.FLOOR SOFA. / JARVI SOFA
ジャルビ ソファ

メリット
目線が下がることから空間が広々として見える
デメリット
座ったり立ったりする際に力がいる
レイアウトが可能大人数で座ることが出来る

ローソファを見る >


アームレスソファ

両側のアーム(肘掛け)がないソファです。アームがない分座れる部分が広く、
コンパクトなサイズのソファでは特にオススメです。

ARMLESS SOFA / FLAD SOFA
フラッドソファ

メリット
アームがない分広々と座面を使える
サイドテーブルを横に置いた際に使いやすい
デメリット
アームに腕を置いたり、枕にしたりすることが出来ない

アームレスソファを見る >

ハイバックソファ

背もたれが高いタイプのソファです。
しっかりと頭を支えてくれるため長時間テレビや映画を観る方におすすめ。
安心感のあるすわり心地です。空間の仕切りになる効果もあります。

HIGHBACK SOFA / CASE SOFA
ケースソファ

メリット
肩より上までしっかりと体を預けられる為、長時間座る際に楽
デメリット
背が高い分存在感がある

ハイバックソファを見る >


ウッドフレームソファ

全体のフレームが木で出来ており、木の美しい表情や質感、
手触りを楽しむことが出来るソファです。

WOOD FRAME SOFA / H.W.F SOFA
エイチ.ダブリュ.エフソファ

メリット
軽快なデザインが多く、背面から見た際にも美しい
クッションやシートを取り外せるタイプが多く、
メンテナンスがしやすい
デメリット
アームが硬く、寝転がりにくい

ウッドフレームソファを見る >

ソファの形状の違いは見た目だけの問題ではありません。
リビングでどのように過ごすかによって、選ぶべきソファは変わってきます。
各モデルにオットマンやヘッドレスト、クッションをプラスすることで、
デメリットは解決できることも。
また、種類によって搬入の方法が変わってくる場合もありますので、
その点にも注意しながらソファを選んでくださいね!

top